プロフィール

nyaco

Author:nyaco
家族構成:夫、nyaco、2人の息子(4歳&2歳)+舅と同居中。

最近の記事

コメント&足跡を残して行ってくださいね

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ゆっくりカウンター

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
2007年5月で2児の母になりました。 ぼちぼち更新していけたらなぁ・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
虫刺され?と思ったら
昨日の朝の事・・・長男を幼稚園に送り、友人と会う約束をしていたのでそのまま友人宅へ。

そこで遊んでいた次男の首すじの異変に気付いた私。「あれ、虫刺され?

他の場所を見てみるものの、特に変化はナシ。

「家に皮膚科でもらった薬もあるし、ちょっと様子を見てみよう」

そんな軽い気持ちでいたら・・・入浴前に服を脱がしたら全身に虫刺されのような跡

えぇぇぇぇ~なんじゃこりゃ~!!

病院に行こうにも既に診療時間外。ネットでいろいろ検索してみるとどうやらじんましん

食物アレルギー?それとも花粉?

あれこれ原因を考えるものの、思いつかない。・・・何故?


しばらく痒がっていた次男も眠かったのか、そのまま寝てしまったので病院に行くのは明日の朝一にする事に。

朝になるとお腹と首筋の跡は消えていたものの、出ていなかった足のももとすねに同じ様な症状が!

病院で診察を受けると

「あ~~じんましんですね~。にしても酷いですねぇ・・」

先生曰く、大人だったら注射するレベルの症状だとか。

「血液検査も出来ますが、この状況でするのは可哀想すぎるので、良くなってからにしましょう」

ということになり、検査は見送る事に。

結局少し強めの薬を処方してもらい、それでもひどければ緊急当番医か夜間外来を受診しなさいとの結果に。

帰宅して薬を飲んでから痒がることもなくなり、その後御飯をいつもどおり食べる次男。

今のところ再発の兆しもないし、月曜日まで何もなければいいなぁ・・
スポンサーサイト

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/06 18:00】 | 息子について | トラックバック(1) | コメント(1)
2月があっという間に去ってしまった・・・
さすがにブログの更新が止まりすぎているなぁ・・と思っていたらもう3月。

2月は次男の手術や入園説明会など結構慌しかった。

先週末は長男がウィルス性胃腸炎にかかり、一時はどうなるかと思ったけど軽症で済んで一安心

雪はすっかり解けたけど、今日になってまた気温が下がっていや~な感じ。まだまだ体調を崩しやすいので気をつけないと・・・

今月は従妹の結婚式におよばれしていたり、実家に帰ったり(半年ぶり?)と移動系のイベントが多い。


仕事も大事だけど、長男の春休み位ちゃんと休みを取って一緒にいてあげる時間を作ってあげたい。

そう思って休みを調整してもらった。普通なら容易ではないことだけど、快諾してもらえて助かった。

しばらく家を空けるので(とはいえ舅と夫はいるけれど)片付けもしておかねば・・

最近仕事を理由に家事がおろそかになっているので暖かくなった頃合いを見て掃除もしよう・・。

テーマ:独り言。 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/03/02 00:45】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
朝から雪に車が埋もれました・・・
前回の記事を公開するの忘れてた・・・orz

先程(朝6時)いつも慣れているはずの道を走っていたら車がスピンして、そのまま道路脇の雪に突っ込んで止まりました朝から雪の中素手でタイヤ周辺の雪かきをするハメに・・・結構寒かったのでキーボードを打つ指が痛いです。

久々の大雪でいろいろ苦労が絶えない・・・。今年は雪のせいで車のバンパーが破損するし、今回も人様の力を借りて何とかなったものの・・・雪国に嫁いで6年にもなるのに未だこの生活に慣れません。

先週次男の手術当日も結構な雪でした。

行きの電車の中で「○○くんねぇ~ごはん、たべたいの」と言い始めた次男。

「もう少しで病院着くからそれからね」と言ったものの、食べる事が何より好きな次男にとって今回の絶食は辛かったはず。

朝9時半に手術室へ入り、終了後手術室まで迎えに行き病室に戻ってきたのは12時ちょっと前。

時間が時間だけに同室の子供が「ごはんだごはんだ~」と騒いで食事を取っていたので、気を遣って欲しいなぁ・・と思ったりもした。

しかも飲み物も自由に飲めなかったのでとにかく時間が早く過ぎて欲しいと思った。(結局解禁になったのは午後3時)

何事もなければ日帰りでと言われていた手術だったのに、結局帰る直前に次男の熱が39度まで上がってしまった為、急遽入院になってしまった。

『一応入院になる場合の準備も』と言われてはいたものの、何かあっても旦那が迎えに来る予定だったので最低限のものしか持っていかなかった私。(しかも電車で移動だったため、手荷物を極力減らしてきた)

勿論自分の着替えなど持ってくるはずもなく・・・仕事中の旦那にメールをしてみたところ・・

「悪い・・今日に限って残業・・ちょっと行けそうにない」 え~

次に長男を預かってもらっている舅に電話で入院の件を伝え、一瞬舅に次男のおむつや歯ブラシなどを持ってきてもらおうか悩んだ末・・

ダメだ・・この人極度の方向音痴だった・・・orzナビのない舅の車で来るのは無理だ。諦めた。

入院が決まった時間が夕方6時近かったため、病院の売店が閉まる直前で慌てて次男のおむつ(テープタイプ)を「高いなぁ・・」と思いながら買い、おやつのコアラのマーチをついでに購入。

後から気付いた事だけど病院周辺には何もなく、当然入院している次男の分しか食事は出ない。

私は前日から飲み物以外まともに食事を取らず次の日の朝を迎えることになった・・。

手術後、私の姿が少しでも見えなくなりそうになると「おかあやん、いかないで!」と泣き叫ぶ次男。

おかげで私は寝ている間にこそこそと売店に行ったり、食事をしなければならなかったのだが、私がちょっと出ている間に限って次男が目を覚まして看護婦さんに泣かれるという場面が2度もあり、その度に

「おかあやんいなかった、いなかった~」と号泣されてしまい、私の精神面も結構辛かった今回の入院。

次男は勿論、朝、顔も会わせなかった長男の事が心配だった。次男よりお兄ちゃんとはいえ、私が何故家にいないのか理解できないだろうなぁ・・と。

しかもそういう時に限って次の日が幼稚園の参観日だった。もうこれはパパ一人に頑張ってもらうしかないな。

熱はあるものの、食欲(御飯限定)だけはある次男。夜8時前、同室の子供が両親共にお見舞いに来ているのに、私と2人きりの次男。それで思いついたのか

「パパ、おむかえにいかなくちゃ!」と言って脱走しようとする次男。ベットの周りをうろうろしはじめる。

「パパはまだお仕事だからね、また明日お迎えにいこうね」と騒ぎ出す次男をなだめる。

病院での長い夜。なかなか寝付けない次男。(手術後何度か昼寝してたし)点滴の管を抜こうとしたり、暴れて大変だった。

私も補助ベットを借りていたのに、隣のベットに寝ているだけで

「おかあやん、いっちゃダメ、いかないで」と夜中に泣かれるので、看護士さんに了承を得て次男の隣で次男が深い眠りにつくまでベビーベットの中で丸まって眠る私。・・・正直恥ずかしかった。

結局私が補助ベットに戻ったのは明け方3時過ぎ。肉体面も辛くなってしまった。

朝になり熱も下がり、朝食をモリモリ食べていたところ教授回診・・・よりによって納豆御飯を食べていた最中だった次男。(匂っただろうなぁ)御飯美味しい?と先生に聞かれ「うん、ごはんおいしい!」と答える次男。

じゃあ今日の午後には退院だねと言われてホッとする私。

その後同室の子供がどんどん退院していくのに、退院できない私たち。点滴が取れないのでベットの中でうろうろする次男。

その後旦那と長男が到着し、昼食を食べ終えて1時間程昼寝をしていた次男の点滴の管がようやく抜かれ、(あんなにはずして欲しがっていた点滴が抜かれても爆睡していた次男

伝染病の感染リスクを避けるため長男との再会はエレベーターホールだったけど、お互いの名前を呼び合って2日ぶりの再会に抱き合っていた2人の姿が可愛かった~。

全てが終わるまで本当に心配だったけど、無事退院出来て本当によかった~
続きを読む

テーマ:独り言。 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/02/12 13:59】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2)
まだまだ苦労続きです。
2度目の手術も無事終わり、昨日やっと抜糸を終えたところです。

病気と関係ないけど、取りたいホクロがあったのですが・・取るべきか再検討しようと思います。

(理由はいろいろ大変だからです。子供預けたりお風呂入れなかったり費用がかかるとか・・などなど)

あ、2度目はちゃんと病院側の負担で手術してもらいました。まぁ当然なんですが。

検査結果はまだ出ていないようですが、悪かった場合だけ病院側から連絡が来るそうなのでこない事を祈りつつ・・


それよりもですねぇ・・・次男が大変なのです。

結局前回気管支炎になり、39度の熱が4日続きました。

その気管支炎が完治したので、去年から気になっていた症状があったので小児科へ。

時を遡って先月中旬、お風呂に入っている時次男の右側股間が異様に膨らんでいるのを発見。

いつも通っている小児科が混んでいるのと、(ちょっと古い病院なので)インフルエンザ感染が怖かったので最近出来た小児科へ受診した所・・・

「ヘルニアかもしれませんが見た感じ何ともなっていないですし、しばらく様子見ましょうか?」

しばらく何ともなっていなかった(というより気付かなかった)けど、年明けにまた膨らんでいるのを発見。

「絶対おかしいよ」ネットでいろいろ調べてみると、どうも鼠径(そけい)ヘルニアっぽい症状。

違う病院を受診しようと思っていた矢先に気管支炎になってしまった次男。

この時ついでに聞いてみようと思ったけど、多分気管支炎治すのが先だとか言われそうなので改めて受診しようと思い

今月20日に混雑した時間帯を避けていつも受診している小児科へ・・・

「あ~脱腸、つまりヘルニアですね」と先生。やっぱり

「すぐに大学病院へ紹介状を書くのでそちらで検査してもらって下さい。多分1ヶ月以内で手術の日程が決まると思いますけど」

結局次の日に旦那と一緒に隣県の大学病院まで行く事に。

結果やはり鼠径ヘルニア。ほっといても良くなる事はないので手術しないとダメということで・・

「でも日帰りで出来ますから、入院の心配はいりません。結構メジャーな手術ですよ」と言われ一安心。

何でも小児外科が少ないらしく、手術出来る医療機関が限られているらしい。

簡単な手術とはいえ、全身麻酔などのリスクもあるわけで・・親としてはドキドキ。

急に決まった手術なため旦那は休みを取れないという事で、舅にイヤミ(あまり聞いてなかった私)を言われながらも長男をお願いし手術を受けることになりました。

次男の手術は来週。何か最近手術前リポートばかりになっている私のブログです。

男児に多い病気だそうなので、男の子をお持ちのお母様方はちょっと検索してみるといいと思います。

テーマ:独り言。 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/01/29 17:14】 | 息子について | トラックバック(0) | コメント(2)
見事な積雪です。
遅いご挨拶ですが

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。

思い起こせば昨年末、大掃除をはじめ、いろんな事がありました。

皮膚腫瘍除去(という名前らしい)という手術をしたものの・・・帰宅後手当ての痕を見たら・・・

「先生・・・場所違ってます!!

本当は背中のワキ下辺りにあるホクロを取ってもらう段取りだったのですが、どういうわけか左胸下にあるホクロを取られちゃいました。

ええ、軽い医療ミスです。

そんなわけで今月再手術(手術費用は病院持ち)という事になりました。来週です。

手術自体は麻酔して行うので痛くはないんですが、その後1週間は入浴は出来ないし(シャワーは可)極寒のこの季節にはかなり辛い手術。抜糸しても若干痛んだりする事があるのでこれがまた辛い。

前回は場所が場所だったので下着が当たって痛かった。

という事で今度はその結果待ちです。


他はというと、次男がここ2、3日夜中に高熱(39度台)を出して結構大変です。

病院に連れて行き、インフルエンザの検査をしたものの陰性。まず一安心。

朝になると36度台まで下がり、夕方からまた少しずつあがっていく・・・

しかもそういう時に限って夫が早番で、私の仕事中に次男を見てもらうと睡眠時間がかなり削られてしまう事に・・・

しばらく仕事を休む事にしたのですが、もしかしたらクビになるかもしれません。

まぁ・・子供の命には代えられないのでそうなっても仕方ない事だと思ってます。

年末には長男が滲出性中耳炎という痛みは無いけど、聞こえが悪くなるという中耳炎にかかったりと病院にはお世話になりっぱなし。

その上この積雪・・。寒くて治るものも治りづらいなぁ・・・

テーマ:頑張れ!主婦!! - ジャンル:結婚・家庭生活

【2010/01/14 11:42】 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(4)
| ホーム | 次ページ
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。